ホーム > ニュース >業界ニュース
剪断機の分類(2)
2022-01-10
斜めのブレードせん断剪断機)
斜め切断機の一方の刃先は、もう一方の刃先に対して斜めに配置されています。せん断機構の運動特性により、斜めエッジせん断は上切削タイプ、下切削タイプ、複合タイプに分類することもできます。

アップカット斜め刃せん断(剪断機)
シャーの下部刃先は真っ直ぐで固定されており、上部の刃先は傾斜して上下に動き、シャーリングを実現しています。アップカット傾斜ブレードシャーは、通常、幅の広いプレートを切断するための別個の装置として使用されます。板厚が20mmを超える場合は、連続運転ラインで板をクロスカットすることができますが、スイングローラーテーブルが必要です。また、板厚が25mmを超え、ディスクを使用して端を切断できない場合は、連続操作線の両側にアップカット傾斜刃せん断を設定して端を切断する。

アンダーカット斜め刃せん断(剪断機)
剪断機の上部刃先は固定されており、下部刃先の上下運動により切断されます。下刃先が上に移動して切断するため、スイングローラーテーブルをセットする必要がありません。通常、連続運転ラインのクロスカッティングストリップに使用されます。このせん断の刃先は通常、上部が傾斜し、下部が水平になっています。しかし、最近では、上部のせん断エッジが水平になり、下部のせん断エッジが傾斜しています。製造経験により、このタイプはストリップの中心線と表面に対するせん断表面の垂直性を確保できることが証明されています。欠点は、プレスプレートが下に配置されているため、構造が複雑になることです。

複合斜め刃せん断(せん断機)
連続運転ラインの尾部には、最初に溶接された長いストリップを特定の重量のコイルに分割するために、複合傾斜ブレードシアーが設定されています。この種の剪断機は、中央に固定された両刃のナイフレストがあり、上下に可動のナイフレストがあります。これは、上下の二重層斜めエッジ剪断機としても知られています。ストリップが固定された両刃のツールホルダーの上部を通過するとき、ストリップはNo.1コイラーによって転がされます。ロールを分離する必要がある場合は、上部の可動ナイフレストを下げてストリップを切り取り、後部のストリップを別のコイラーで固定された両刃のナイフレストの下部に巻き付けます。